休養の重要性

最近下半身を休ませることができず、ずっとオーバーワークの状態でした。筋肉痛とはまた違う、疲労がたまっていたのです。

あらためて休養の大切さを感じることができました。今1番何をしなければならないか頭ではわかっているだけに、下半身から悲鳴が聞こえてきそうでした。

プロテインは欠かさず飲んでますが、やはり運動、休養、栄養はどれかひとつでも欠けてはダメだと思い知りました。

ところで昔のトレーニング方法はオーバーワークが当たり前でした。質より量といった感じで、ひたすらに練習するのです。

技術面はこれでいいのです。質ももちろん大事ですが、何よりも練習量を重ねることが、反射的に動作するのには大切ですから。

問題は体力面、筋力面ですね。

かなり前から日本でもウエイトトレーニングは行われてきました。ただ正しい知識と共には残念ながら伝わらなかったようです。

練習好きな日本人は、筋力トレーニングも毎日へとへとになるまでやってしまうんですね。それで思うようには筋肉がつかず体格が良くならない。

あげくのはてには、外国人とは体のつくりが違う、なーんて理由をつけてあきらめてしまうのですね。

違うことと言えば筋トレの方法なのです。正しい知識のウエイトトレーニングと、見よう見まねのトレーニングでは効果はもちろん全然違います。

それはやっぱり外国人とは違うところもありますが、現在の国際舞台で活躍できるスポーツ選手はやはり体格がいいですよね。正しい知識でトレーニングを行えば、外国人にも引けをとらない身体をつくることができるのです。

早く筋肉をつけたい時ほど焦ってたくさんやってしまいますけども、早く筋肉をつけたくても、休養は必ずとりましょう。超回復というメカニズムがある以上は、傷ついた筋肉にむち打っても効果は上がりません。

運動するのもしっかり休むのも、同じトレーニングと考えましょう。あとはしっかり食事を摂ればあわてなくても必ず発達していきますから。プロテインもきちんと飲みましょうね!

「休養の重要性」の評価です。

この記事は2006.11.06 Mondayに更新されました。

休養の重要性にコメント