日焼け

ボディビルダーが身体を黒く焼く(タンニング)のは、筋肉のカットに陰影をつけて見栄えを良くするためです。

肌のシミも隠すことが出来るので、見た目が最優先のボディビルダーにとっては抜群の効果ですね。

もとから身体が白い人にとっては、肌を焼いても真っ赤になるばかりですね。これは根気よく、少しずつ焼いていくしかありません。

ところで日焼けとは、軽いやけどと言っても過言ではありません。水ぶくれになったり、皮がめくれるところなんてやけどそのものですね。

シミを隠せる日焼けですが、同時にシミの原因にもなります。昔は日光浴は身体に良いとされていましたが、今は控えるべきとの意見が主流です。

日光を浴びるとビタミンDが生成されて、骨の新陳代謝を上げたり、カルシウムの吸収率を高めたりすることが出来ますが、ビタミンDは食べ物から比較的簡単に補給することが出来ますので、ビタミンDのためにわざわざ日光に当たることもないでしょう。

また、昔の母子手帳には子供に日光浴をさせろと書いてありましたが、今では外気浴をさせろにかわっています。日光を浴びることはメリットもありますが、それ以上のデメリットもあるのです。

日焼けはやっぱり皮膚に対しては老化の原因なのです。もしあなたが、今まで一度も日に当たってなかったら、あなたの皮膚はきっとなめらかで、きめ細かいままでいたことでしょう。

…と言っても、証拠がなければ信じがたいですよね(^_^;)

実は証拠があるのです。あなたの腕の付け根のウラ。上腕三頭筋と言ったほうが話は早いと思います。触ってみてください。

なんか肌が綺麗じゃないですか?ある程度年齢を重ねている人のほうがよくわかると思います。実はここが最も日が当たりにくい部分なのです。

もしこれが全身だったら…。きっと若く見えることでしょう。日焼けはやっぱり防いだ方がよいと思いますよね?

今回は美容の話になってしまいました。海で焼きすぎた身体を見つめながら…。

「日焼け」の評価です。

この記事は2006.10.26 Thursdayに更新されました。

日焼けにコメント

ken | 2007/08/14 10:42 PM
水浴びしたとき、日焼けしてないところは水をはじきますが、日焼けしているところはダラーっとたれますよね。
皮膚への影響がよくわかります。

背中の皮をむきながら…
トシ | 2007/08/14 01:33 PM
やっぱり日光浴が身体に良いとされといたのは過去の話なんですね。
僕は今年は海に行ってないので腕と足首だけやけてます(笑)