フリーウェイトとマシン

筋肉のトレーニングの種目は、大きく分けて3つに分けることができます。

一つ目が自重トレーニング。自分の体重を利用したトレーニングです。前回紹介したディップス、チンニングなどがこれに当てはまります。

今回はこれは置いておいて、残りの2つの筋力トレーニング種目、フリーウェイトトレーニングとマシントレーニングについてのメリット、デメリットをお話しします。

マシントレーニングのメリットは、軌道が決まっているために、確実に筋肉に効かせやすく、またケガをしにくいということです。

たとえばベンチプレスで大胸筋を鍛えようとしていても、フォームが崩れれば大胸筋ではなく、腕の筋肉で持ち上げようとしたりしてしまいます。

しかしマシン式チェストプレス(マシンによって名前は変わります)ならば、フォームが崩れにくく、稼働域もめいっぱいとることが出来ます。

なにより力尽きた場合に、そのまま手を離したりしてもつぶされる心配はありません。ですから「いけるかどうかわからないあと一回」に恐れることなく挑戦できます。

ですから初心者こそはマシンを使うべきなのです。マシンがある施設でやるのが安心です。

もうお気づきだと思いますが、今あげた反対のことがフリーウェイトのデメリットになります。フォームが崩れやすく、ケガをしやすいということですね。

ところでフリーウェイトとは重りを持って行う種目です。バーベル持ってオイッチニイ!と、腕を曲げたりするのも、アームカールというフリーウェイトの種目です。

フリーウエイトは重力を利用しているので下方向にしか負荷をかけられません。アームカールも手が真横になるときが最大の負荷になります。マシンならどの方向でも最後まで同じ負荷をかけ続けることが出来ます。

ではフリーウェイトのメリットは!(実はこれがそのままマシントレーニングのデメリットなのですが…f^_^;)

まず集中力が高まることです。危ないことはわかっていますから、これがそのまま集中力につながります。ひいてはそれがスポーツ競技においての集中にもなります。

そして、インナーマッスルも補助的に鍛えることができるのです。

マシンは軌道が決まっていることもあり、なかなか応用力のある筋肉にはなれませんが、フリーウェイトなら関連筋肉を刺激し、動作をなめらかにすることが期待できます。

またうまく効かせることができるならば、マシン以上に自分の狙った部位を鍛えることができます。通常はマシンよりもフリーウェイトのほうが限界重量も高いですしね。

また、マシンはなかなか自宅にはおけませんが、ダンベルやバーベルならそろえることもできます。

見た目重視で筋肉をつけるならマシントレーニングが最適です。初心者もまずマシンから入って、狙った筋肉を刺激するのがよいでしょう。「効かせる」ということを覚えて下さい。

パンプアップした筋肉を眺めながらプロテインを飲んで、さらに太くなるイメージをして下さい。あなたもトレー二ーの仲間入りです!…ナルシストの仲間入り?そんなことはないですよ!(`´メ)

…たぶん。(..)

「フリーウェイトとマシン」の評価です。

この記事は2006.10.14 Saturdayに更新されました。

フリーウェイトとマシンにコメント