アームレスリングと腕相撲

アームレスリングとは腕相撲のルールを明確にしたスポーツ競技です。そのためアームレスリングは単純な力比べではなく、技術や戦略が加わってくるのです。

私自身はアームレスリングの競技者ではありません。専門家ではないのでご了承下さい。

アームレスリングや腕相撲で1番使う筋肉は、上腕二頭筋や三頭筋ではありません。手首と背筋なのです。

力こぶをアピールしたくなりますが、実はあんまり関係ないんですね。f^_^;

強く引く力が勝敗につながりますので、プル系のトレーニングをとりいれたいですね。懸垂もとてもいいです。

ところでアームレスリングは競技だと言いましたが、力自慢の素人ではアームレスリングの選手にはなかなか勝つことが出来ません。技術の差が大きいからです。

このあたりは格闘技とケンカの違いのような感じです。

アームレスリングについてはアームレスリングが強くなりたいというサイトを見てみるととてもためになります。ちょっとやりたくなってくること請け合いです。

「アームレスリングと腕相撲」の評価です。

この記事は2006.09.18 Mondayに更新されました。

アームレスリングと腕相撲にコメント

ken | 2007/07/15 10:13 PM
試しカキコ(汗