あえてプロテインはとらない…?

プロテインは飲まずに食事だけで栄養を摂った方がいい!という意見があります。

それにたいしての私の意見を述べさせてもらいます。

冒頭の人は、食事だけで栄養を摂った方が身体にもいいし、自然な肉体が作れる、と話していました。

私は半分(いや、4分の1ぐらいか…)は正しいと思いますが、残りは「?」です。

プロテインを飲まずに食事だけで栄養を摂るというのは、できるのならばそれが理想です。ただし現実として出来ません。このことは何回も話していますね。

肉類からタンパク質を摂ろうとすると、どうしてもカロリーや脂肪の摂取量が増えてしまうことは以前お話ししました。

かといって牛乳メインで摂るのも腸に負担がかかりますし(しかも結構カロリーが高い)、大豆メインでは相当量を食べる必要があります。

食事で栄養を摂ることは大切なことです。しかしそれだけでは足りないからこその「栄養補助食品」なのです。難しく考えずに、タンパク質を補うのに役立ちます。

もちろん、食事も摂らずにプロテインだけってのはダメですよ!!あくまで補助です。

運動後にプロテインを飲むのも内臓に負担がかかるから良くない、と言う人もいます。しかしこれも、ゴールデンタイムに食事をすることの方がよっぽど身体の負担は大きいです。

せっかく筋肉が1番タンパク質をほしがっている時なのですから、この時は遠慮せずにプロテインを筋肉に送り届けてあげましょう。

そしてこれまた良く聞く言葉「自然な筋肉…」┐(´ー`)┌ ヤレヤレ

プロテインは何度も言うようにタンパク質です!(ホエイなら)自然な牛乳から搾った自然なタンパク質です。それを身体が自然に使うのだから、自然な筋肉に決まってますよ!

どうもプロテインを飲んでない人の負け惜しみに聞こえるのです…f^_^;

プロテインを飲まないデメリットのほうが確実に簡単にあげることが出来ます。カタボリック(異化)する、カロリーオーバー、脂肪の摂りすぎ、ゴールデンタイムを逃す、睡眠時の成長ホルモン分泌時を逃す、絶対的なタンパク質の不足…。止まりません。(^_^;)

もっとはっきりした事実を述べます。現代のスポーツ選手はプロテインを飲むようになって記録が伸びている。ね、間違いないですよね。

もちろんプロテインが全てではありませんけどね。一流選手はなぜみんなプロテインを飲んでいるのでしょうか?ということです。

プロテインは飲まなくても筋肉はつきます。ただ筋肉がつくまでに、プロテインを飲んだ場合と比べて時間がかかるのです。どっちを選ぶかはあなた次第です。

「あえてプロテインはとらない…?」の評価です。

この記事は2006.08.29 Tuesdayに更新されました。

あえてプロテインはとらない…?にコメント

通りすがり | 2012/11/20 04:31 AM
私もプロテインの摂取には賛成ですが、あなたの論証には説得力が大いに欠けていると思います。
>現代のスポーツ選手はプロテインを飲むようになって記録が伸びている
という部分ですが、現代スポーツに普及したのはプロテインだけではないのですよ。科学的な分析、そしてそれに基づいた効率的な練習メニュー、治療、シューズや器具、プロテインに限らず食事の改善、さらには記録が更新されることによる心理的な壁が取り除かれることなどなど。これらの中でプロテインはどれだけ記録更新に寄与しているのか。
つまり、現代の記録更新とプロテインを結びつけるには両者の相関関係を定量的に明示しなければならないのですが、あたたはそれをしていない。
プロテイン否定派を批判するのはけっこうですが、これではあなたの意見もただの個人的な主観もっと言えば願望のように見えます。
ちなみにそれを私にやってみろというのはお門違いですよ?
なぜなら私はプロテインを摂取してはいるが、あなたのように飲まない人を馬鹿にするというような稚拙なことはしませんからね┐(´ー`)┌ ヤレヤレ