アミノ酸の機能と名称

人体に不可欠な20種類のアミノ酸の機能について紹介します。直接全てが筋トレやプロテインと関連するわけではありませんが、データベースとして紹介します。

なお、この項目はアミノ酸で免疫力がどんどん高まる!という本を参考にしました。

必須アミノ酸

バリン
BCAAのひとつで、肝臓で処理されず、筋肉に積極的に取り込まれて直接エネルギー源になります。
ロイシン
BCAAのひとつでエネルギー源になります。筋肉のタンパク質の分解を抑える助けになります。
イソロイシン
BCAAのひとつでエネルギー源になります。筋肉の消耗を防ぎ、皮膚の回復を促進します。
リジン
筋肉の形成に影響し、骨の発育を助けます。ウイルスの働きも抑制します。
メチオニン
肝臓から毒性のある老廃物を取り去り、肝臓や腎臓の働きを助けます。
フェニルアラニン
記憶力や注意力、気分を向上させます。食欲を抑える効果もあります。
トリプトファン
鎮静作用を持つ神経伝達物質(セロトニン)の素となります。成長ホルモンの分泌を刺激します。
ヒスチジン
赤血球、白血球の形成に不可欠です。貧血やアレルギー疾患、消化器系の潰瘍を改善します。免疫力も高めます。
スレオニン
肝臓への脂肪の蓄積の予防する作用を助けます。

非必須アミノ酸

チロシン
神経伝達物質(ドーパミンなど)、甲状腺ホルモン、成長ホルモン、メラニンの材料になります。
シスチン
組織の抗酸化反応を助けて、回復を促進します。白血球の活性も高めて炎症を抑えます。
アスパラギン酸
糖質の筋肉エネルギーへの返還を助けます。疲労回復や、皮膚や毛髪の合成を促進します。
アスパラギン
アスパラギン酸に変化します。なんじゃそりゃ。
セリン
細胞のエネルギー合成を促進します。記憶力や神経系の機能、免疫力を高めます。
グルタミン酸
エネルギー源になります。脳での代謝やほかのアミノ酸の代謝に必要な働きをします。
グルタミン
免疫系の機能を助けます。エネルギー源にもなります。知力、集中力を刺激して、記憶を助けます。
プロリン
筋肉のエネルギー源として使われます。筋肉合成時の材料、コラーゲンの主要成分です。
グリシン
ほかのアミノ酸の合成を助けます。ヘモグロビンの材料となります。鎮静作用も持っています。
アラニン
結合組織の主要材料です。タンパク質が筋肉のエネルギー源になるのを促進します。免疫力も高めます。
アルギニン
インスリンや成長ホルモンの分泌を増やします。免疫系の機能も助けます。

以上の20種類です。BCAAとは分岐鎖アミノ酸のことで、筋肉の主要成分。筋肉内で分解・代謝されるもののことです。筋トレでは特に大事です。

「アミノ酸の機能と名称」の評価です。

この記事は2006.08.27 Sundayに更新されました。

アミノ酸の機能と名称にコメント