筋肉痛について

筋肉痛。これほどまでに情報が人によって違うのはなぜでしょうか。…それは、まだはっきりしたことがわかってないからです。

歳を取ると遅れて筋肉痛がくるのはなぜでしょうか?

筋肉が痛むことを筋肉痛と言いますが、これには肉離れやこむら返りも含まれてしまいます。それはそれで大事な知識ですが、今回は筋肉疲労による筋肉痛です。

ちょっと古い情報によると、激しい運動によって筋肉への酸素供給が間に合わなくなると、ブドウ糖が不完全燃焼を起こして燃えかすの乳酸が残る。この乳酸が筋肉中に蓄積することにより痛みを生じる、という乳酸説がありますが現在では有力ではありません

この理屈だと1日遅れの筋肉痛というのはおかしいですよね。間の1日は乳酸がたまってるのにもかかわらず痛みがないことになりますから。

現在は筋肉の損傷を回復させるときに伴う痛みと解釈されています。なるほど、これなら1日遅れも理解できます。

筋肉痛が遅れてやってくると歳を取った証拠なんて言いますが、これは一概にそうだとは言い切れません。

というのも、若くても遅れてやってくる刺激があるからです。はっきりいって実は筋肉痛の遅れと歳は直接関係ありません

歳にかかわらず筋肉への負荷が激しいほど筋肉痛は短期間でやってきます。逆に負荷は少ないモノはゆっくりやってきます。

若いうちはこの少ない負荷では筋肉痛になりにくいのです。歳を取るとこの少ない負荷で筋肉痛がくるために、遅れてくるように思えるのです。

この遅れてくる筋肉痛とは、せいぜい久しぶりのスポーツやウォーキングといったあたりじゃないでしょうか。お年寄りでもパンプアップするほどのベンチプレスをすればきっとすぐにくるはずです。

筋肉痛がないとトレ効果はないのか?

筋トレをしていると必ずでてくる疑問ですね。これはどうやら筋肉痛が無くてもトレ効果はあるようです。

ただ、ないよりはあったほうが成長が早いようです。しかしこれもいつもと違ったメニューにしたり、低負荷高回数やその反対をたまにやると起きやすかったりしますから、どの筋肉痛がどうだとは言えません。

でも実感できる時ってありますよね?「ああ〜!今日は気分が乗ってたし、ラスト一発に力を振り絞れたぞ〜!」って時。ああいう時の筋肉痛はすごい効果高そうですよね。高くあってほしいという願望かもしれませんが…。

筋肉痛はまだ不明なことが多い分野です。このページも内容を変えないといけない日が来るかもしれません。

「筋肉痛について」の評価です。

この記事は2006.08.08 Tuesdayに更新されました。

筋肉痛についてにコメント

ken | 2010/05/15 10:58 AM
鎮痛剤は痛みを抑える効果のため、超回復が早くなったりするわけではありません。
励王 | 2010/05/09 06:22 PM
はじめましてm(_ _)mお聞きしたいことがあってコメントしました!
筋肉痛の時に湿布を貼ったりバン○リンを塗ったりすることで超回復を早めたりできるんですか?また筋トレの効果に違いが出るんですか?