ミネラルウォーターについて

ミネラルウォーターについてひととおり調べてみました。プロテインを溶かすにはどんな水がいいのでしょうか。

硬度とは

水の硬さなんていわれることもある硬度。なにをもって硬度が高いか低いかというのはご存知ですか?

これは水の中に含まれるミネラル、カルシウムとマグネシウムの量の高さによって決まります。

硬度=カルシウム×2.5+マグネシウム×4.1

そしてその数字が0〜100mg/lなら軟水、101〜300mg/lなら中硬水、301mg/l以上は硬水と呼ばれています。

硬水はミネラルが多いが

というわけで、栄養面だけを見ると硬水のほうが優れているのですが、味や飲みやすさという点では軟水に劣ります。独特の苦味や刺激が硬水にはあり、クセを感じて飲めない人もいるようです。

消化もあまり良くないらしく、粉ミルクを溶かすのには硬水は使わないほうがいいとの事。赤ちゃんには内臓への負担が強すぎるからです。

お茶やコーヒーも軟水で入れたほうがおいしく飲めます。消化の良さという点から考えて、プロテインも軟水で溶かしたほうがいいでしょう。

料理にあわせるなら

日本料理などの薄味で繊細なものは、軟水のほうがおいしく作れます。ご飯を炊くのも軟水がむいています。

肉料理やスープなどは硬水がむいています。軟水では肉の臭みが出てきてしまうようです。

このように、日本料理は軟水で、西洋料理は硬水が適していると言っても間違いではないでしょう。これは、もともとが水を活かした料理が育ってきたからと考えられます。

国土が狭く、急な流れの川が多い日本では、ゆっくりとミネラルが水に溶け出す時間がないために軟水が多く、ヨーロッパなどでは大きな山脈を、長い年月をかけて湧き出す硬水に恵まれているからです。

ミネラルウォーターの区分

一般的にペットボトルに詰められている水を、すべてミネラルウォーターと言ってしまっているように思いますが、実際には大まかに分けても以下のような区分になります。

  • ミネラルウォーター
  • ナチュラルウォーター
  •  (ナチュラルウォーター)
  •  (ナチュラルミネラルウォーター)
  • ボトルドウォーター

ミネラルウォーターとはいろいろな処理をされたミネラルを含む水、ナチュラルウォーターは決まった処理のみされた水(ナチュラルミネラルウォーターはそれにミネラルが含まれたもの)、ボトルドウォーターはボトル詰めされた水ということです。

それぞれに特徴があるので一概には言えませんが、水道水でもボトルドウォーターとして売られているというのは驚きですね。ボトルドウォーターには細かい規定はありません。

どの水にもラベルに、どの区分なのかはっきりわかるように書かれていますので、一度飲む前に確認してみると良いでしょう。

プロテインを溶かすなら

単純に国産の軟水がいいでしょう。身近にあるサントリー南アルプスの天然水なんかでいいと思います。硬水は避けたほうが無難だと思います。

もっとも普通は水道水で充分なんですけどねf^_^;

「ミネラルウォーターについて」の評価です。

この記事は2010.07.09 Fridayに更新されました。

ミネラルウォーターについてにコメント

ramuda | 2010/07/11 04:07 PM
牛乳はどうだろう?