ネットとコンビニの明暗(OTC医薬品)

薬の購入方法について、2009年の6月1日の薬事法改正により大きく変更がありました。

大まかに言うと、インターネット等の通販では買いづらく、コンビニ等で手軽に買えるようになりました。

どういうことかというと

(上から読んでも下から読んでも)クスリのリスクと言うように、クスリというものは副作用があり、安易な判断で服用したり、誤った使用法をすると健康を損ねる可能性があります。

そこでこれからは対面販売でないと、リスクの高い薬は売れなくなったのです。薬によって三段階に種類分けし、販売に制限がつきました。

  • 第1類医薬品:市販経験が少ない新しい薬など、 安全性で特に注意が必要な成分を含むもの。<例>H2ブロッカー含有剤、一部の毛髪用剤など
  • 第2類医薬品:副作用など、安全性で 注意が必要な成分を含むもの。<例>主なかぜ薬、解熱鎮痛 剤、胃腸鎮痛鎮痙剤など
  • 第3類医薬品:副作用など、安全性で 多少注意が必要な成分を含むもの。<例>ビタミンB・C含有保健薬、主な整腸剤、消化剤など

以上のように三段階に分けられました。(→OTC医薬品協会より)このうちの第1類医薬品については薬剤師による対面販売でないとできなくなりました。今回の改正が、薬を適正に販売するためなので納得いくところです。

ところが薬の大半を占める第2類医薬品については、薬剤師がいるネットショップでは買えないが、試験に合格しただけの登録販売者のいる店舗なら買えるというひずみが生じています。

プロテインはセーフだが

私が今回救われたと思ったのは、プロテインなどの健康食品やサプリメントには規制が入らなかったことです。当たり前と言えば当たり前ですが。

ファインラボが危うく買えなくなるところでしたf^_^;マイナーなのでネットじゃないと買えないですもんねえ。

しかし同じように、マイナーな薬をネットで購入をしていた人は、買えなくなってしまいそうです。一応、今までの購入履歴があれば当面買えるのですが、2年間の期限がついています。

そのほかにも例えば妊娠検査薬などは、人知れずに買いたいと考える人がいると思います。が、初めて妊娠検査薬を買おうと思った人は、すでにネットなどの通販では買えないのです。

コンビニがすぐ近くにある街ならいいのですが、地方の人は不便になります。だいたいコンビニがたくさんあるような都会は、薬局やドラッグストアも近くにあると思うので、あんまり変わらないんじゃないかと思います。

都市と田舎の差がますますついてしまいそうです。

反対大多数で始まったこの制度、今後はいったいどうなってゆくのでしょうか…。

「ネットとコンビニの明暗(OTC医薬品)」の評価です。

この記事は2009.06.05 Fridayに更新されました。

ネットとコンビニの明暗(OTC医薬品)にコメント