ビタミンサプリメントは案外怖い

身体に良さそうなイメージのあるビタミン。一口にビタミンと言っても、多くの種類があり働きや効果が違うのです。

サプリメントとしてビタミンは摂ったほうが良いのか?実はビタミンには過剰摂取による悪影響があります。

ビタミンの効能

結論から言いますと、ビタミンとは多く摂ることで身体の機能が向上するものではありません。

ならなんでビタミンサプリメントが存在するのかというと、足りてないビタミンを補給するためです。

ビタミンを多く取っても身体能力の向上はしないのですが、欠乏したら機能が低下してしまいます。そのため摂取したことにより機能が高まったと思ってしまうのです。足りないビタミンをおぎない、本来の体に戻すという飲み方が、ビタミンサプリメントの正しい飲み方となります。

食事からきちんと取れていれば飲む必要ありませんし、逆に摂りすぎは悪影響を引き起こします。

危険な脂溶性ビタミンの摂りすぎ

ビタミンは大きく、水溶性と脂溶性に分けることができます。水溶性ビタミンは、摂りすぎても尿として体外に放出されるため、大きな悪影響は出にくいです。

問題は脂溶性ビタミンです。

脂溶性ビタミンは身体に蓄えられるため、毎日規則正しく摂る必要はないのですが、かわりに摂り過ぎた場合は体内に蓄積されて危険になります。

食事から摂りすぎるということはほとんどないのですが、サプリメントとして摂取していると、過剰に体内に取り込まれる可能性が高まります。

脂溶性ビタミンの種類と悪影響

    ビタミンA

  • 足りない:眼球乾燥症、夜盲症
  • 摂りすぎ:頭痛、悪心、嘔吐、皮膚の剥離、食欲不振、長骨の腫れや痛み
  • ビタミンD

  • 足りない:くる病(子供)、骨軟化症(大人)
  • 摂りすぎ:嘔吐、下痢、体重の減少、腎臓障害
  • ビタミンE

  • 足りない:貧血
  • 摂りすぎ:特になし
  • ビタミンK

  • 足りない:出血、内出血
  • 摂りすぎ:黄疸の可能性

出典:サプルメントバイブル

ビタミンサプリメントとの付き合い方

さて、足りなくても悪影響。摂りすぎても悪影響。いったいどうやって付き合っていけばいいのか。

答えは簡単。適正値を摂ることです。

脂溶性ビタミンも個別でサプリメントとして販売されていますが、足りない分だけ補う形で摂るのがベストです。しかしそのビタミンが足りないと思うのなら(わかっているのなら)、食事で摂ればいいという話です。

特定ビタミンを必要量だけ摂るというのは、相当の知識が必要となります。

そんな知識があるのならそもそも食事で摂れるはずなので、個別ビタミンサプリメントというものは、買うべき人がいない商品なのかもしれません。

普通に食事をしていれば、ビタミン類はある程度は摂れていますので、全体の底上げとして個別ビタミンではなくマルチビタミンを摂ることのほうが好ましいです。

もちろんバランスのよい食生活を心がけていれば、マルチビタミンすら摂る必要はありません。

「ビタミンサプリメントは案外怖い」の評価です。

この記事は2009.06.01 Mondayに更新されました。

ビタミンサプリメントは案外怖いにコメント

| 2010/08/01 06:37 AM
参考にさせてもらってます
ken | 2009/06/18 11:21 PM
喫煙に関しては、不利になるという意見とならないという意見があります。

結論として私は不利になると思っています。

近いうちにまとめてエントリーを起こしたいと思います。
レイジ | 2009/06/15 11:04 PM
 お酒と筋肉の発達に関する発言があったかと思いますが、喫煙と筋肉肥大には、なにか因果関係はありますでしょうか?