正確なフォームを忘れずに!

筋トレにおいてフォームの重要性は何度となく聞いてきたことだと思います。それでも高重量を扱うようになってくるとついつい崩れてしまいがちです。

先日、ほかの人がスミスマシンを使ってインクラインベンチプレスをしているのを見てましたら、だんだん背もたれから滑り落ちていって、首だけを曲げたベンチプレスになっていました。

おそらく大胸筋上部がまだあまり発達してないのに、無理な重量で挙上しようとしていたからだと思います。あれなら普通のベンチをしていたほうがよっぽど有意義です。

重いウエイトを使うことより、正しいフォームであげることを目指すほうが効果は高まります。たまには軽い重量で、完全な正しいフォームを確認するのがいいです。初心者に限らずシャフトだけでやるのもいいと思います。

フリーウェイトトレに限らず自重トレーニングを行うときも、フォームには充分意識を集中してください。

たとえばディップスを行うときでも、最初は前傾だったのに苦しくなるにつれ身体を真っ直ぐにしていったのでは、効いている部位が変わってってしまい効果が散ります。回数はこなすことができるので、効果の高いトレーニングをやった気になってしまうのも問題です。

自重トレーニングはとかく回数が気になりますが、稼動域とフォームを充分意識してゆっくりやれば、数は少なくともしっかり追い込めます。

特にほかの人と一緒にやってると、重量や回数で見栄を張りたくなる気持ちもあるでしょうが、何のためにトレーニングをしているかを考えれば何がベストかわかりますよね。

女の子の前で特段に張り切るのは否定しませんけどね(∇)

「正確なフォームを忘れずに!」の評価です。

この記事は2008.01.30 Wednesdayに更新されました。

正確なフォームを忘れずに!にコメント