プロテインと下痢

プロテインとオナラという記事を以前に書きましたが、今回はパワーアップして(?)プロテインを飲むと下痢になる人への話です。

おならが出るぐらいならたいして問題ないですけど、下痢となると話は違ってきます。下痢ということは体調に異常をきたしているということですから。

下痢だとちゃんと栄養を消化吸収しているかという点も気になりますね。せっかくのタンパク質補給にプロテインを飲んでいるのに、そのプロテインが栄養の吸収を妨げていては本末転倒です。

下痢になる原因はいろいろありますが、単純に冷たい牛乳や水で溶かしているのが原因ということもあります。基本的に冷たい牛乳はそれだけで下痢の原因になります。プロテイン云々以前に、その点を忘れてしまいがちです。

かといってお湯で溶かすのは、よく溶けるかわりにせっかくのプロテインのタンパク質が変性してしまい、質が落ちてしまいます。

エビアン ペットボトル 1.5L*12本

ここは基本的ですが、常温のミネラルウォーター(軟水)がおなかには優しいので、水道水を利用して下痢で悩んでいる人はミネラルウォーターで溶かしてみましょう。

普通の人は水道水で充分だとはっきり言っておきますが、(追記)”衛生状態が悪いと”それだけでお腹をこわす場合もありますから、下痢で悩んでいる人はミネラルウォーターが無難ですを試してみるのも一つの手です。身体にもいいし特に損することはないと思いますサイフには厳しいですが・・・f^_^;

そしてやっぱりホエイならWPCより、より精製されたWPI(参照→ホエイプロテインの製法)。私もWPIを飲むようになってからお腹をくだす悩みは格段に減りました。WPIのほうが品質も良いので、ホエイプロテインを選ぶなら確実にWPIです。これもファインラボ(参照→おすすめプロテイン!ファインラボピュアアイソレート)を選ぶ理由になっています。

それでもやっぱり下痢になるという、乳製品に耐性がない人はソイプロテインやエッグプロテインを選ばざるを得ません。体質を変えるよりはプロテインを変えるほうがずっと簡単ですからね。

それとプロテインとオナラの時のビフィズス菌のように、整腸作用のあるサプリメントを摂るのも効果が非常に高いです。ただ、サプリメントをあれもこれもというのはあんまり好きではありませんし、プロテインを飲むために飲むサプリメントというのも変な話です。どうしてもという人だけ摂ってみましょう。

まとめです。多くの人にとって、WPC→WPIと牛乳→水に変えることによって効果を体感できるでしょう。それと当然ですが、体調が悪いときは消化能力も落ちていますので、いつもと同じ量のタンパク質でも消化しきれないときがありますので注意しましょうね。

「プロテインと下痢」の評価です。

この記事は2007.10.30 Tuesdayに更新されました。

プロテインと下痢にコメント

ken | 2010/06/21 03:11 PM
本文に加筆・修正・追記いたしました。
ken | 2010/06/21 03:04 PM
長文でのご指摘、まことにありがとうございます。

日本の水道水が高品質なのは存じ上げております。ただマンションなどで受水槽(貯水槽)に溜め込む場合などもあり、それで水が汚染されているから、おなかを壊しやすいのではないかという憶測と偏見が入り込んでいました。しかし本文中には何の説明もなく、ちょっと話が飛びすぎだったように思います。

ミネラルウォーターこそ生水というのはもっともですね。硬水で下痢になるのもよくある話ですし、すべてを「ミネラルウォーター」とひとまとめにしてすすめるのは間違いですよね。

「どうしても水道水が合わなかった人は、ミネラルウォーターを試してみると調子が良くなるかもしれません」ぐらいの説明が良かったですね。
| 2010/06/15 11:42 PM
すごく良くまとまっていますし、文体も心地よく、続きがどんどん読みたくなるすばらしいサイトですね!ありがとうございます。

ただ、一つだけ気になったことがありました。

「普通の人は水道水で充分」その通りです。
「蛋白質摂取の為には食品よりもプロテインが安い」と主張されるサイトなのに、ミネラルウォーターを勧めるというのはちょっとちぐはぐです。

外国ならともかく、世界一安全な「日本の水道水」を捕まえて「水道水はなんと言っても生水です」というのは認識違いだと思います。
EU基準だと「Natural Mineral Water」は、加熱も消毒もしない水のことを言いますので、それこそ「生水」です。
日本の基準でも、ミネラルウォータの安全基準は、水道水よりゆるく、毒性物質の含有量が多い可能性もあります。
なにより、外国産のミネラルウォータには硬度の高い水(Contrexなど)も多く、軟水に慣れた日本人には、下痢を引き起こすこともあります。
さらに言えば、「硬度が高い==金属イオン濃度が高い」ですし、多量の金属イオンの存在は、蛋白質を変性させたり沈殿させてしまったりして、吸収を阻害することもあるのではないかと思います。

だから、「下痢で悩んでいる人はミネラルウォーターが無難です。身体にもいいし特に損することはないと思います。」という主張は真逆ではないかと思います。
多くの人にとっては、損をすることが多くて余計に金を払う羽目になるのではないかと。
ミネラルウォータでプロテインを飲むのは、体質や味の好みで水道水が合わない人がとる解決策じゃないかと。

トリハロメタンだとか、夏場のカビ臭だとか、危険をあおるような話も世の中にはありますが、大半はトンデモな浄水器屋の宣伝文句で、過剰に危険を強調しています。

その話を加えたとしても、日本の水道水は「世界一安全で、プロテイン摂取に最適な水」と言っていいと思います。

私は、水道屋でも、その回し者でも何でもありませんが、技術屋の端くれとして、日本の水道技術を誤解なく知ってもらいたいと思っています。