飲む寒天をもらった

飲む寒天というものをもらいました。寒天なんぞ興味なかったのですが、せっかくですので調べてみました。

寒天というのはテングサやオゴノリといった海藻を、凍結・乾燥させて作ったものです。ついでに言うと、ところてんもテングサを乾燥させ、煮込んで作ります。

江戸時代に戸外に捨ててあったところてんが凍結し、日中に融けて乾物になったものを見つけた旅館の主人が、もう一度ところてんにしたら美しく臭みのない物ができあがったという…。

捨ててあったのを食ったのかよー!(;¬_¬)

…ま、寒くて凍結したところてんだから「寒天」というわけですな。

寒天というのはコンニャクよりもカロリーが低いらしいです。と、ここで初めてこんにゃくにもカロリーがあることを知りました。詳しく調べてみると、昔はノンカロリーと思われていましたが、わずかながらカロリーが含まれていたようです。へー、なるほど。

そしてなんと寒天は、世界保険機構(WHO)で1日摂取量の上限が定められておりません。摂りすぎが身体に毒になることがないのです。

たくさん食べても低カロリーなのに満腹感を得られるという効果を利用して、ダイエット用食品として活用されているようです。

それでもらった飲む寒天というのはこちらです。

タカラバイオ 飲む寒天 カロリーオフ ビタミンプラス 160g*24本
リンゴ味 一袋160gあたり
エネルギー 27キロカロリー
タンパク質 0グラム
脂質 0グラム
糖質 6.6グラム
ナトリウム 17.3ミリグラム
食物繊維 8.0グラム
タカラバイオ 飲む寒天 カロリーオフ ビタミンプラス

「タカラバイオ 飲む寒天 カロリーオフ ビタミンプラス」は、寒天をベースに食物繊維8.000mg、5種類のビタミンを配合した美容サポートドリンクです。1パックあたり27kcalに抑え、すっきりとしたカロリーオフタイプ。寒天の食感と爽やかなりんごの味わいをお楽しみください。

さて、160gあたり27キロカロリーということで、カロリーオフという表現が成立します。カロリーオフの定義を一度参照下さい。カロリーオフと言ってもカロリーはあるのです。

さきほど寒天は無制限に食べられると書きましたが、もちろんこの飲む寒天は無制限というわけにはいきません。寒天以外にいろいろ入っていますから、当然ですがすでに純粋な寒天ではありませんので。

飲んでみると、なんとまあおいしい(* ̄。 ̄*)さっぱりとしたリンゴ味です。おやつとしても成立するおいしさです。が、おいしいということはそれだけ余分な物が添加されていることを意味します。

原材料名:りんご、食物繊維、果糖ブドウ糖液糖、寒天、寒天オリゴ糖…。寒天よりたくさん入ってるんですねf^_^;

が、食物繊維を摂るという点では優秀です!厚生労働省の食物繊維の摂取目安量は1日20〜25グラムなのですが、昔は良かったのですが現在の人は平均して5グラムほど不足しています。1日一袋摂取でちょうど良くなりますよね。

筋力や体力よりも、美容やダイエットを考える人に向いている商品です。低カロリーで満腹感を得られることに間違いはないので、普通のおやつを食べるよりははるかに良いと思います。なによりおいしいのはいいですね。

「飲む寒天をもらった」の評価です。

この記事は2007.03.15 Thursdayに更新されました。

飲む寒天をもらったにコメント