メタボリックシンドロームとは

メタボリックシンドロームとはMetabolic Syndromeで、訳すと代謝症候群ということです。動脈硬化にもつながる恐ろしい状態の前触れですが、メタボリックシンドロームは案外解消するのは難しくないんですよ。

メタボリックシンドロームとは、ウエストが男性で85cm以上、女性で90cm以上あり、次のウチ二つ以上に当てはまる人です。

収縮期血圧が130mmHg以上か拡張期血圧が85mmHg以上

空腹時の血糖値が110mg/dl以上

中性脂肪が150mg/dl以上か、HDLコレステロールが40mg/dl未満。

これがメタボリックシンドロームの条件ですが、ウエストをサイズで分けるのには少々疑問符が付きます。身長などでもずいぶん変わってくると思うのですが…。まあ統計でこのサイズの人がヤバイということなので、近しい人も注意しましょう。

メタボリックシンドロームになると、発病リスクが飛躍的に高まります。心臓病・心筋梗塞・糖尿病・脳卒中・動脈硬化…。ろくなことにはなりません。

しかしメタボリックシンドロームは対策がとりやすいのです。そもそもメタボリックシンドロームになるひとは、以下の3つに心当たりがあるはずです。

食事の摂りすぎ・運動不足・ストレス。

それで実際問題やることとして、原因がわかったら対策をとるだけです。食事制限、適度な運動、ストレスの解消。

メタボリックシンドロームの原因となる内臓脂肪は、皮下脂肪より落ちやすいと言われていますので、本人がその気になればいくらでも治ることが出来ます。簡単とは言いませんが、難しいこともありません。

「メタボリックシンドロームとは」の評価です。

この記事は2007.03.12 Mondayに更新されました。

メタボリックシンドロームとはにコメント