ダイエットの目的意識を強く持つ

ダイエットについての記事を書いていくわけですが、やはりこのサイトでは[楽して]やせるダイエットなるものはありません。せいぜい[楽しく]やせるダイエットでしょうか。(*^o^*)

ダイエットで楽しいといえば結果が出ることでしょうか。そういう意味では、必ず結果が出るのですから楽しいダイエットになると思います。ただそれまでは苦痛が伴うかもしれません…。(-_★) キラーン

さて、ダイエットを始める前に(もう始めているかもしれませんが)、ダイエットの目的について考えなければなりません。

本当にいろいろ目的(思惑…?)があることかと思いますが、以下の3点に全て分けることが出来るかと思います。あなたもどれに当てはまるか考えて下さい。

  1. 健康な身体を手に入れる
  2. きれいになる・かっこよくなる・見た目を良くする
  3. 数字としての体重を落とす

1の健康な身体を手に入れるというのは、日頃から運動不足を感じている人、メタボリックシンドローム予備軍になっている、医者からやせるように言われたという人たちです。

2の見た目を良くしたい人たちは、そのままですね。もてたい!見せたい!魅せたい!あの服を着たい!似合うようになりたい!ってとこでしょう。奥さんに腹をつつかれるのもここに入りますねε=(>ε<)

やせる事かどうかはともかくとして、異性によく見られたい、もてるようになりたいと思うことは万国共通、それどころかあらゆる生物としての本能で、無くなることのない強烈な欲望です。この強い欲を努力の源にしたいものです。

3の数字としての体重を落とすというのは、体重別のスポーツをしている人、あるいはいつまでに何キロ痩せたら旅行に連れて行ってもらえるとかの賭をしている人ですね。

この人達は文字通り、数字さえ落とせば目的達成です。とは言ってもスポーツをしている人は、体調管理も同時進行なので簡単ではありません。ダイエットというより減量と言った方がしっくり来ますね。

さて、これらの目的を改めて考えたわけは、「自分がなんのために痩せるかはっきりさせておく」ということです。

そして1・2・3ではやり方が違うことも知っておかなければなりません。ここが今までダイエットの知識として、多く語られることの無かった部分です。今までダイエットをしようとして失敗した例で、違う目的のダイエット法をしていた記憶がよみがえるかもしれません。言われて気付いた人もいると思います。

例えば1の人がサウナスーツ着込んでも意味ありません。2の人が食事を減らしてもうまくいきません。3の人が明日が試合だというのに走ってもほとんど意味ありません。

タイプごとのダイエット方法について今後話していきたいと思います。

「ダイエットの目的意識を強く持つ」の評価です。

この記事は2007.03.03 Saturdayに更新されました。

ダイエットの目的意識を強く持つにコメント