プロテインを飲む理由

プロテインなんか飲まなくったって、タンパク質をとるのは食事からだけじゃダメなの?って思いませんか。

鶏肉のササミなどの高タンパク食品をとっていれば、プロテインなんて飲まなくて良さそうではありません?

理屈の上ではそうなんです。しかし現実問題無理なんです。

まず1番初めに思いつくのが、そうそうササミばっかり食べられないことでしょうね。毎食食べられる機会にあるわけでもありませんし、だいたい飽きてしまいます。見るのも嫌になってはとうてい続けられません。f^_^;

そして1日のタンパク質の摂取量は、普通の人で体重1キロにつき1グラム。60キロの人なら60グラムです。しかし筋肉をつけたい人や、激しい運動をしている人は1キロにつき1.5〜2グラムはほしいところです。

体重60キロの人なら90〜120グラムということです。

ところが人間の身体は、タンパク質を一度に30グラム程度しか吸収できません。ということは、3食しっかり食べてもやっとギリギリラインなのです。

普通の人は朝から肉をたっぷり食べられませんよね。いや、俺は朝からでもガンガン食いまくるぞ!っていう人もひょっとしたらいるかもしれません。

ところが食べたら食べたで、残念ながらカロリーオーバーに簡単になってしまいます。肉類というのは脂質もとても多いのです。腕を太くするつもりが、腹が出てきたら泣くに泣けません。

そこでプロテインの登場!となるわけです。

食事をとっていて、どうもタンパク質が足りなかったとき、または食事の間隔があきすぎて、失われたタンパク質がほしいときにも手軽に飲むことができるのです。

またプロテインは、ただ単に肉などを食べるよりはカロリー摂取量を抑えることができます。カロリーや脂肪の量を抑えつつ、タンパク質をたっぷり補給できます。

そして筋肉の成長に欠かせないタイミング(参照→ゴールデンタイム…プロテインを飲む最適なタイミング)で補給したいときにもプロテインが効果を発揮するのです。

ところで先ほどからタンパク質タンパク質と言っていますが、なぜこんなに大騒ぎするかわかりますか?

人間の身体がほとんどタンパク質でできていることは既にお話ししましたが、筋肉成長のメカニズムでタンパク質が大きなポイントとなっているからです。

筋肉の成長は三位一体です。すなわち運動、栄養、休養です。この中のどれかひとつが欠けても効果が薄い、最悪効果がないばかりか、悪い方へといってしまいます。

栄養の重大部分であるタンパク質の補給さえできれば、筋肉の成長はもう3分の1できたも同然です。休養も皆さん得意ですよね(笑)?これで3分の2できたも同然!(^^

「プロテインを飲む理由」の評価です。

この記事は2006.06.21 Wednesdayに更新されました。

プロテインを飲む理由にコメント